猫と分子栄養学。

猫エイズ対策にできることを。

猫と精油。

猫は脂溶性毒物の解毒作用が弱いから(グルクロン酸抱合能)、精油は使わない方がいい。

肝臓で行われるこの機能(グルクロン酸抱合)が、肉食動物は弱い。

植物をたくさん摂り入れる前提でカラダが作られていないから。

獲物となる鳥や野ネズミなど草食動物や雑食動物は持っている解毒作用なので、捕食しても間接的に脂溶性毒物を摂り入れてしまう可能性は低い。


体内に入った脂溶性の毒物(薬物など含む)は、体外に排出するために水溶性を高めなければならない。

水溶性を高める為には2段階の反応を経て水溶性の毒物に変化させるけど、グルクロン酸転移酵素はその2段階目に必要だ。

1段階目でも毒性は弱まるけど、水溶性にならないと尿細管で再吸収されてしまい、血液にのり再び体内を巡ってしまう。

もちろん他にも水溶性を高める酵素はあるのだけど、グルクロン酸転移酵素での解毒は1番多いといわれている。

だからその酵素を持っていない(もしくはその機能が弱い)猫は、脂溶性毒物の解毒(薬物代謝)が弱くなってしまい脂溶性である精油は負担となってしまう。


肝毒性の強いセージ以外は使用しても安全であるという説も見受けられたけど、そもそも脂溶性毒物は代謝されにくいので使わない方がいい。

精油は脂溶性であり、植物を濃縮したものだから猫には適していない。

健康なカラダを作るのは、精油ではなくストレスの少ない環境、良質な栄養と睡眠だ。


そもそも猫の嗅覚は人間の数万倍~数十万倍と言われている。

猫の鼻の粘膜は非常に面積が広く、たくさんの精油の分子を血中に取り込んでしまう。

人間が心地よく感じる精油の香りであっても、猫にはストレスになる可能性が非常に高い。

どんなに素晴らしい香りであっても、強過ぎたら不快ではないだろうか。

もし猫が喜んでいるようにみえたとして、その体内には代謝されない精油(脂溶性毒物)が蓄積していっている。

脂溶性毒物は体内の脂肪に蓄積して残りやすく、毒物の反応は急性だけではないから一見してわからない。

普通に暮らしていくだけでも、避けきれない化学物質(柔軟剤や洗剤などを含む様々なもの)や添加物が多い。

だから余計なものはプラスしない方がいい。

猫エイズキャリアなら特に避けたい。

f:id:siam-cobu:20200730104905j:image

猫との生活を送るようになってから、香りのつくものは室内では使わないようにしている。