猫と分子栄養学。

猫エイズ対策にできることを。

うちの生食。

 


猫にとって生食は、栄養的にも消化的にもいい。

ポッテンガーの10年に渡る実験で60年も前に証明されている。

siam-cobu.info

 

だけど思うようには食べてくれない。

生食(鶏肉か生しらす)だけの日が増えてきて喜んでいたけど、見向きもしない時もある。

f:id:siam-cobu:20200802112255j:image

アレルギー防止に鹿肉を取り入れたら、匂いを嗅いで終わり。

f:id:siam-cobu:20200802160529j:plain

生肉人気セット 簡単手作り食 (人気生肉お試し詰め合わせセット)

↑帝塚山ハウンドカムの鹿肉や馬肉、羊肉。

こちらのお店はお肉が酸化しにくいように気を遣っている。

1回分42g程度で使いやすい。

 

普段は「とり農園」↓

【無添加・手作りペットフード】とり農園 骨ごと 丸鶏のミンチ【とり農園商品以外同梱不可】


感想(3件)

f:id:siam-cobu:20200802160759j:image

値段がお手頃。

骨入り丸鶏ミンチやレバーミンチなど、生食を始めるときにとても便利だと思う。

丸鶏ミンチは砕いた骨が入っていて便利。

 

鹿肉は食欲をそそると聞いたので、軽く焼いてみても匂いを嗅いで終わり。

f:id:siam-cobu:20200802112335j:image


コブちゃんは慎重派。

保護される前の野良時代に、なんでも食べてお腹を壊した経験があるのかもしれない。

もちろんただの性格かもしれない。

2年お世話になったシェルターではカリカリが中心だったのか、最初はカリカリばかり食べていた。

カリカリが単純に好きなのかもしれない。

少しづつウェットフードに切り替えて、やっと生肉食に移行してきた。

気がついたら生肉食への移行を始めてから半年くらい経っていた。


コブちゃんは猫エイズキャリアだから、私は生食にこだわる。

消化器に負担をかけずに良質のタンパク質をしっかり食べて、皮膚や臓器や免疫細胞まで材料をまわしたい。

加熱したら流出してしまうビタミンや、壊れてしまうグルタミンなども生食ならしっかり摂れる。

 

生肉は冷凍したものを1食分づつ冷蔵庫で解凍する。

ぬるいお湯で人肌に温めてからあげる。

骨入りミンチは骨が硬くならないように、お湯の温度は触って温かいくらい。(40℃以下)

硬化した骨は硬すぎて粘膜を傷つける恐れがあるので、絶対に気をつける。

ぬるいお湯なら酵素も守れる。

f:id:siam-cobu:20200802112502j:image
食べられるようになるまでは、生肉とカリカリを混ぜたり、カリカリに添えたり、別皿で置いてみたり、極少量から(5g程度から)あげてみたりした。

試行錯誤を繰り返した。

食べなくても諦めずに毎回置いていたら、だんだん食べてくれるようになった。

いまだに野菜は全く食べないけど、内臓肉や卵黄は好んでよく食べる。

内臓肉と卵黄で、ビタミンAやE、鉄、亜鉛などが補える。

大好物の生しらすからはビタミンDやセレン、ヨウ素、DHAもぼちぼち摂れる。

f:id:siam-cobu:20200802113651j:image
新しい食材も、あたかもいつもと同じ食材のように置く。

気になってそわそわするけど、食べ終わるまで見ないようにする。

緊張が伝わると食べなくることがあるから。

 

それでもどれも食べないときは、無添加の液状おやつ(猫ぴゅ〜れ)にプロテインを混ぜてあげる。

f:id:siam-cobu:20200804102115j:image

 

日本産 猫用おやつ ねこぴゅーれ 無添加ピュア PureValue5 トライアルセット 63本入 (21本×3種)

トライアルセットがお得↑

プロテインは廃番になってしまった。

 

f:id:siam-cobu:20200802112558j:image

↑これでタンパク質4gと免疫グロブリンAが摂れる。

カツオミルク味。

これはわりと好きでだいたい食べる。

f:id:siam-cobu:20200802113013j:image

不満顔で不貞腐れるときもあるけど、喜ぶものだけあげていたら健康は維持できない。

美味しく感じるような匂いや、MSGが使われていないから慣れるまでは大変かもしれない。

ストレスをかけないように、諦めずに。

食べることは生きること。

しゃむぞうの分も健やかでいてほしい。