猫と分子栄養学。

猫エイズ対策にできることを。

猫エイズのBタイプ。

猫エイズにはサブタイプがある。

詳しくはわからなかったけど4〜6種類くらいある。(A〜DもしくはA〜F)

そのなかでBタイプは病原性が低く、ほとんど発症しないそうだ。

そもそも猫はFIVウイルスの増殖を抑える力を持っていて(APOBEC3)、FIVウイルスはその力に対抗してウイルスを増殖する力を持っている。

BタイプのFIVウイルスは、猫のウイルスの増殖を抑える力(APOBEC3)に対抗することができず、猫エイズが重症化しにくくなる。

エイズ期に至るほどは免疫が破壊されないということだろう。

 

Bタイプは関東を中心に全国に分布している。

f:id:siam-cobu:20200610110253j:image

2010年の調査では日本にBタイプは42.2%とのこと。

半分近くは発症しないということだろうか。

 

サブタイプはFIVウイルスのenv遺伝子を調べる必要がある。

Bタイプは食欲低下や体重減少、歯肉口内炎などはあっても完全な免疫不全には陥らないようだ。

FIVウイルスが生き残る為に弱毒化しているのかもしれない。

宿主を生かしておいた方がウイルスは増えやすいからだ。

 

完全な免疫不全にならなくても、エイズ関連症候群期はもちろん辛い。

口内炎治療だって、猫エイズキャリアならステロイドは簡単には使えない。

これ以上免疫を落とせないからだ。

大したこともしてやれなくて、だんだんと弱っていく姿をみると申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

 

もしBタイプだったとしても、症状が和らぐわけではない。

それでもBタイプでありますように、と願わずにはいられない。

あとどのくらい一緒に過ごせるのか、いつも考える。

f:id:siam-cobu:20200610130029j:image

いまは全く無症状だけど、コブちゃんだっていつ何が起こるかわからない。

どんなに疲れていても、遊んだりブラシをかけたり、猫とのコミュニケーションを優先する。

そういう面を考えれば、りんご猫と住むことは後悔が少ないかもしれない。

いつかお別れがくることがいつも頭にあるから。

毎日が当たり前ではなく、大切に過ごすことができる。

 

明日はもっと穏やかに幸せに過ごせますように。