猫と分子栄養学。

猫エイズ対策にできること。

猫のプチ断食。

ねこにもプチ断食を取り入れてみた。

きっかけは飼い主の口唇ヘルペス。

飼い主は疲れやストレスがピークになると口唇ヘルペスができる。

1年に1回あるかないかなくらい。

いつも同じ場所に1つできるんだけど、先日初の3カ所口唇ヘルペスができた。

(仕事が忙しいわけでもなかったので、原因はストレスかシェディングだと思う。)

自己免疫、自己治癒力をあげたくて、思いつきでその日から朝ごはんを抜いてみた。

いわゆるプチ断食(16時間断食)を始めた。

朝ごはんを食べないだけなんだけど、これがあまりに調子が良く胃腸が快適で口唇ヘルペスの治りもいつもより早かった。

食べ物の質についてはよく考えるけど、食べる回数に関して考えたことなかった。

朝ごはんてそもそもそんなに大した量は食べたいなかったから。(玄米ごはんと味噌汁くらい)

そういえば手づくりごはんをあげている飼い主さんが、週1回1食抜くという話は聞いたことがあったので、これはねこにもとてもいいのではないかと思ってねこにも始めることにした。

最近ねこたちは1日2食なので、1日1食の日を設けることにした。


ねこのプチ断食で期待できる具体的な効果

①炎症を抑えたり、老廃物のスムーズな排泄 

②疾患初期の治癒への専念

③食物アレルギーの改善

④下痢、軟便の改善

⑤膀胱炎、関節炎、外耳炎など炎症性疾患の改善

⑥食の選り好みの改善

かき壊しがあと一歩のところで治りきらないコブちゃんには①の効果、グルタミンがないと軟便になりやすいトラちゃんには④の効果を期待して取り組むこにした。


ねこのプチ断食の方法

①朝ごはんを抜く。

※獣医師さんのサイトでは夜ごはんを抜くと書かれていたんだけど、朝ごはんの後は夜までずっと寝ているので空腹によるストレスが睡眠でまぎれたらなと思って朝のごはんを抜いている。

②鶏がらスープやお出汁など、固形物ではないものをあげる。

少しぬちまーすを混ぜている。

※これはごはん由来の水分の不足を補う為なんだけど、今のところだしても飲まないけど毎回だしている。

ぬちまーすを混ぜるのは、ファスティングのインストラクターさんがファスティング中のマグネシウムの重要性を説いていたから。

③つぎのごはんは量を少なめにした温かいものをだす。

※うちは少なめだと足りなくて騒ぐので、通常通りの量をだします。

④飼い主もこの日は1日2食→1食(塩分補給に具なし味噌汁をいただいています。)にして、ねこたちにおつきあいしている。

※これは獣医師さんのサイトでも推奨していたけど、効果を実感できるので飼い主も1食減らしてみるのはとてもおすすめ。

(通常3食の人なら朝ごはん抜けば充分だと思う。)

1日1〜2食はとてもカラダが軽くて清々しいく、集中力が続く。

ねこたちも徐々にでいいから空腹の快適さを味わってくれたらいいなと思う。


プチ断食してはいけないねこ

①フードを食べていて肥満気味のねこ。

※炭水化物が多く含まれているフードを食べているねこは、とくに血糖値の変動による空腹感が強くストレスにも感じるのではないかと思う。

 

②もともと食が細いねこ。

※普段から胃腸を酷使することがあまりないと思われるため。 

あまりいないと思うけど、1日1食の場合も抜いてはいけないと思う。

基本的に疾患があるねこや健康だけど不安な場合はかかりつけの獣医師さんに相談してください。

やり方や注意点が書かれているとても勉強になる獣医師さんのサイト↓

https://www.whollyvet.com/2018/07/therapeutic-fasting/

 

飼い主の体感ではプチ断食で胃腸を休ませるということはとても健康効果が高い。

食べ物の消化に使うエネルギーの大きさを実感した。

そもそもプチ断食の効果はオートファジーによるものとよく言われる。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B8%E3%83%BC

オートファジーは細胞内の自食作用によって細胞内の老廃物などか掃除される効果なんだけど、飼い主は千島学説による腸管造血説が正しいと思っているので細胞内がきれいになるだけではなく細胞がまるごと更新されているといいなと思っている。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%B3%B6%E5%AD%A6%E8%AA%AC

千島学説はとても興味深いので、気になる方はぜひご一読ください。

何冊か読んだ中ではこちらがいちばん読みやすかった。

新装版 生命の自覚 ~よみがえる千島学説~

さらに飢餓の際にスイッチオンになるというサーチュイン遺伝子。

サーチュイン遺伝子は長寿遺伝子であり、抗老化遺伝子であると言われている。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90

人間もねこも飢えには強い生き物で、飽食には弱いのだ。

週に一回のプチ断食で健康と長寿に近づきたいと思う。

そういえば長生きのねこちゃんたちはスリムなこが多いように思う。

ぽっちゃりがかわいいなんて言ってられない。

ねこたちへのプチ断食はまだ3回目なので、カラダの中で細胞がどんな風に変化しているかわからないけど。

以前みた動画で、船瀬俊介さんは断食による腎機能の回復についても話していた。

どんな効果があるにしろ、飼い主の体調の変化を考えると楽しみしかない。

分子栄養学を取り入れてからプラスすることばかりを考えていたけど、プチ断食によりマイナスすることの大切さを実感した今回。

口唇ヘルペスはストレスでしかないけど、気づきを与えてくれたということがとてもありがたい。

ひとつひとつの出来事をたいせつに味わって、健やかなご長寿ねこを目指します。