猫と分子栄養学。

猫エイズ対策にできること。

胃腸が弱い猫。

f:id:siam-cobu:20210217145358j:plain


最近うちの子になった茶トラのトラちゃん(推定2歳)。

 

トラちゃんはお腹が弱くて、シェルターで何度か病院に連れて行ったけど原因が見つけられなかった。

原因が見つけられなかったものの、胃腸が弱いのだろう。

胃腸の弱さは万病のもと(アレルギーや自己免疫疾患、脳神経の疾患、関節炎、問題行動、ガンなどさまざま)、しっかりと改善しなければならない。

また、抗生物質の投与、高度に加熱加工されたペットフード(カリカリ)やそれらに含まれる防腐剤、穀類やグルテンは腸内細菌や腸粘膜に大きなダメージを与えるので、これらの原因を取り除くことが最優先となる。

下痢をしている場合は絶食する方が良いこともあるけど、もともと食が細い猫、カリカリを常食にしている猫や持病のある猫は絶食には適していない。


うちの猫ごはんは1日4回。

そのうち3回は30gの生肉や内臓肉、卵黄などに20ccのお水と天日塩を加えたもの。(残りの1回は市販のウェットフードや缶詰め。災害時などで生肉が用意できない時の為に、普段から取り入れている。)

以前はカリカリしか食べず少食だったコブちゃんも、だいぶ生肉が好きになった。

だけど運動量が多くまだまだ若いトラちゃんには同じ量では足りないようだ。

たくさん食べさせてあげたいのだけど、食べたいだけ食べると軟便になってしまう。

それで栄養がうまく吸収できていないのか、すぐにお腹が空いてしまうようで「ごはんをください」アピールをしてくる。

だから胃腸を強くしたい。

お腹いっぱい食べさせてあげたいから。

 

思いつくマイナス要因を取り除いたら、食事の改善に取り組む。

胃壁の強化には高タンパク質=肉中心の手作り食やウェットフード。

胃酸の強化にはクロール(塩素)=海塩や岩塩。
腸壁を強くするにはグルタミン=生の肉類、生魚、生卵など。

すべて生肉食でカバーできる。

 

中でもグルタミンは腸壁の修復(=免疫機能)にとても重要。

siam-cobu.info

グルタミンは条件下必須アミノ酸。

体内で合成することができるのだけど、条件によっては足りなくなってしまう。

グルタミンの生成や放出には3通りある。

①もともと筋細胞に含まれてていたものを放出。

②筋肉を構成するタンパク質が分解される際にグルタミンもできる。

③筋細胞がほかのアミノ酸(グルタミン酸)とアンモニアを反応させてグルタミンに生成する。


③によるグルタミンの供給が体内では最大になるのだけど、さまざまなストレスがかかった状況(病気、ケガ、術後、栄養不足)では体内での供給だけでは免疫細胞のエネルギー源となるグルタミンが足りなくなってしまい、食事で摂取することが必要となる。

だけどグルタミンは熱や酸に弱いので、食事から摂取する為には生食をメインにする必要がある。

加熱の手づくり食ならば、サプリでグルタミンを追加しなければ不足するかもしれない。

グルタミンは40℃以上の熱で変性してしまうから。

グルタミンだけで考えるとボーンブロススープは腸壁修復効果が低いかもしれない。

また酸に弱いということは胃酸で変性されることも考えられる為、豊富にグルタミンを含む高タンパク質の食事=生肉食が望ましい。

生の鶏肉に含まれるグルタミンは平均で38.78㎎/100㎎となる。

(牛肉は平均77.71㎎/100g、豚肉で平均42.39㎎/100g)

(「長野県の食肉遊離アミノ酸」より引用。)

食事量にはよるけど、約50㎎/日 摂れることになる。

人間の健康維持には10g必要という記述を読んだけど、猫の健康維持量は見つけられなかった。

体重で比較してみると、人間50kgで猫5kgとして1/10=1g。

真性肉食動物な猫の必要量はもっと多いようにも思うけど、1gを目安とする。

状況によって必要量は変わるから、 生肉食だけで改善されない場合はサプリのグルタミンを検討しても良い。

 

さらにグルタミンは副腎皮質ホルモンによってブドウ糖に変えられてしまう為、ストレス過多(交感神経優位な状態)やステロイド治療中だと通常の食事からでは補えていない可能性もある。

以下、参考にした本より。

さてここで、血糖値を上げるホルモンの話をします。この種のホルモンには4種類あって、それらは、成長ホルモン、グルカゴン、アドレナリン、副腎皮質ホルモンです。

人が朽ち果ててゆくとき、すなわち、死に向かってゆく時、これらのホルモンは順に分泌が止まってゆきます。

死に行くときに成長する必要はないですね。そこでまず、成長ホルモンの分泌が停止します。

次はグルカゴンです。これは膵臓から分泌されるホルモンですが、血糖値を下げるインスリンとワンセットで考えると、この状況で血糖値を下げるホルモンとリンクする必要などなく、これも次第に分泌が止まっていきます。

さて、次はアドレナリンです。これは体を興奮させて頭が冴える状態にもってゆき、同時に血糖値も上げるホルモンですが、死にゆく途上では疲れ果て、アドレナリンに反応しにくくなります。そこで心臓が止まりかけた時、強心剤としてアドレナリンを注射することになるのです。

最後まで出続けるのが副腎皮質ホルモンです。このホルモンの本質は、体のあらゆる部位を犠牲にしてでも脳にブドウ糖を送ろうとすることです。従って、白血球の活性を落としてグルタミンの使用量を減少させらそのグルタミンを肝臓でブドウ糖を作るための原料にします。

また、筋肉を分解してグルタミンを作り、これを肝臓に送って、同様なやブドウ糖を作ったりもします。

(星雲社 「グルタミン」柿崎 裕彦 著 より引用。)

待望の感染防御法,発見!!!免疫力アップの最強アミノ酸! グルタミン

免疫機能を投げ打って、脳を守るための一か八かのホルモンがステロイド(副腎皮質ホルモン)。

ステロイド治療をすると糖尿病になりやすいのはこのグルタミン→ブドウ糖に変えられてしまうから。

ステロイド治療は長期はできない。

免疫が下がるだけでなく、腸も弱くなり、筋肉が減り、糖尿病になる。

そもそもステロイド治療が必要にならない為にも、強い胃腸を作るグルタミンがとても大事。

強い胃腸は強い免疫機能を持ち、なにより美味しく食べられることは、幸せなことだから。

f:id:siam-cobu:20210217184519j:plain