猫と分子栄養学。

猫エイズ対策にできることを。

猫にアーシング②

猫に多い「心不全」や「腎不全」。

これらの疾患もアーシングに取り込むことで、改善の余地がとてもあるのではないかなと思う。

なぜならアーシングすることは、体内に電子を取り込むことでミトコンドリアでのエネルギー産生(ATP産生)を手伝うから。

ミトコンドリアでの電子伝達系は、電子が不足すると反応が完了しない。(エネルギー産生が滞り、活性酸素発生。)

肝臓、腎臓、心臓、筋肉、脳などの代謝が活発な細胞にはミトコンドリアの数が多い。

アーシングで体内に電子を満たすことは、ミトコンドリアでのエネルギー産生をスムーズにする。

エネルギー産生での反応が不十分になってしまうと、エネルギー不足だけでなく「活性酸素」を生じてしまうことがある。

いうまでもなく、活性酸素はミトコンドリアの機能を低下させ老化に結びつく。

必要以上の活性酸素は炎症を起こす。

つまり電子不足はエネルギー不足や活性酸素過剰→慢性炎症→慢性疾患を招いてしまう。

だけど身体に充分な電子があれば、活性酸素は中和されてなくなり、炎症は抑制される。炎症を抑制することは鎮痛作用にもつながる。

自身の経験で、約20分アーシングシーツに横になっただけで頸椎ヘルニアの激痛が嘘のように軽くなった。

それは体表の静電気除去だけでなく、体内へのアーシングの効果がでているということ。

アーシングは20〜30分で鎮痛効果を感じることが多いようで、猫においても効果は同じはず。

万が一回復が見込めないほど厳しい状況であっても、せめてアーシングすることで痛みを緩和させることができる。

もう少しはやくアーシングを知っていたら、しゃむぞうの最期を楽にしてあげられたに違いないし、もう少し長生きできたかもしれない。

病気にならない為にも、病気になってしまっても、猫の為にアーシング環境を整えることは生肉ごはんと同じくらい大事。

 

ミトコンドリアが正しく機能して、エネルギーや材料(良質なタンパク質とビタミン、ミネラル、水)が充分にあれば、新しい強く正しい細胞が作られる。

心臓や腎臓でそれぞれの細胞が役割りを果たすだけのエネルギーがあれば、心臓や腎臓の機能は改善、回復するのではないだろうか。

腎臓のネフロンのように再生が難しいものもあるし、疾患の進行具合によって、改善や回復の見込みは変わる。

 

以前書いたように、アーシングすることで血液の粘度が下がり、血流が改善される。

siam-cobu.info

血流が改善されることは血圧を正常にして、心臓や腎臓の負担を減らす。

腎臓では血圧を上げるホルモンを分泌するという負担が減り、赤血球を作るホルモンを分泌できる余裕ができたり、老廃物を排出する方にエネルギーを使える。

アーシングの実験では被験者のミネラルや電解質の濃度が著しく良くなっているようだ。

2人のお医者さんたちは、12〜84歳までの広い年齢幅の被験者グループに対して二重盲検試験を始めました。実験中の彼らはみな、同じような身体活動、食事、水分摂取という条件下で行われました。

その間のアーシングには、夜眠っている間も剥がれないように脚の下部に30×80ミリメートルの小さな銅版をつけてもらいました。小さな銅版は伝導性のワイヤーによって、外の地面に接触しているより大きなプレート(60×250ミリメートル)に接続されました。

これらの被験者にアーシングを行なった一晩の実験においては、鉄、イオン化カルシウム、無機リン、ナトリウム、カリウム、マグネシウムといった血清中の鉱物と電解質の濃度が平均的に著しくよくなるという変化が見られました。

出展:「不調を癒す《地球大地の未解明》パワー クリントン・オーバー より

 

電解質の濃度が異常値の場合、腎臓や心臓、糖尿病、クッシング症候群、アジソン病などさまざまな疾患の可能性がある。

それらの改善がアーシングで期待できるということ。

 

さらにストレスが大敵な猫エイズキャリアにとって、とても重要な効果がある。

アーシングはコルチゾールというストレスホルモンの分泌を正常化させるという研究結果がある。

つまり免疫力を低下させるリスクが減るということ。

siam-cobu.info

アーシングすることで、室内飼いの猫の生命力は底上げされる。

そもそも地球の生き物は、アーシングすることが想定された身体の構造なのではないかと思う。

動物が自然な方法で自らの健康を維持するということを、私は学びの目標として観察と研究を続けてきました。

私は動物たちに囲まれて育ったので、私たちにとってアーシングの原理は子供のころから明らかなことでした。動物は特になんらかのストレスを受けると、土に穴を掘ります。

動物がストレスを受けたり、病気をしたりすると、家の床やカーペットを掻きまくるのは、動物がグラウディングをしたいがためによく見られる光景です。

動物はコンクリートの床や地面に近づきたがります。外に出すと、地面で同じことをします。

犬やネコが病気になると、茂みで穴を掘って休んでいるのを見かけます。彼らは地球のエネルギーフィールドを活用して、無限の負電子と他の癒しの要素を取り入れているのだと、私は考えています。

出展:「不調を癒す《地球大地の未解明》パワー クリントン・オーバー より

 

猫や犬は本能的にアーシングの効果を知っている。

死期が近い猫が家からいなくなるのは、アーシングできる環境(地面)を探して外に出ていったのかもしれない。

人間だって、海に足を浸すと心地良いことを知っている。

海水は導電性が高く、アーシングに最適だから。

犬は散歩の時にアーシングできるから、なるべく土の上を歩かせてあげたい。

散歩が難しい猫には、やはりアーシンググッズが必要。

riraku-life(リラクリフェ) 大地と繋がるアーシング健康法用 アーシングコットンピローケース (ホワイト)

猫だけで考えたら、ピローケースがコスパがいい。

1年使用したとして1ヶ月あたり¥332で健康の底上げができる。

サプリよりよっぽど手頃。

でも飼い主も一緒に効果を感じて健康になるといいから、どれか一つだけならシーツがおススメ。

丈が140㎝あるから、女性ならハーフサイズで充分だと思う。

riraku-life(リラクリフェ) 大地と繋がるアーシング健康法用 アーシングコットンシーツ (ホワイト, 140cm×98cm)

導入してまだ1ヶ月だから、これからのコブちゃんの変化がとても楽しみ。

コブちゃんは枕が好きなので、ピローケースも買って良かった。

f:id:siam-cobu:20201014200332j:image

生肉ごはんとアーシングで、りんご猫もピンピンコロリを目指したい。