猫と分子栄養学。

猫エイズ対策にできることを。

猫とニンニク。

耳ダニにはガーリックオイルが効く。

オリーブオイル50ccを小さな瓶に入れて、ニンニク1片を潰して入れ良く振って混ぜる。

細胞が破壊されることでアリシンができるので、刻んでも良さそう。

冷蔵庫で1時間寝かせて、1日に2回耳に塗り込む。

f:id:siam-cobu:20200618093925j:image

塗り込むときは擦らず優しく。

綿棒でつけても良いけど、小さめに折り畳んだティッシュも使いやすい。

接触する面積が広くて力が入り過ぎないからだ。

 

効果はすぐに感じる。

痒がらなくなるから、わかりやすい。

耳ダニの一生は2ヶ月。

撲滅するためには2ヶ月続けたほうがよさそうだ。

アリシンは効果が徐々に薄れるので、ガーリックオイルは毎日作る。

前日のニンニクは料理に使うか、少量フードに混ぜても良い。

 

大量に食べると溶血性貧血の危険性があるが、体重10キロあたり1/4片を細かく刻んでフードに混ぜて与えるか、ハーブティーのように与えるとよい。

 

ガーリックは細菌やウイルス、内部寄生虫に作用します。

自然な細菌の増殖を助ける一方で疾患を引き起こす細菌を殺す働きをします。

ティーとして投与したり、食事に加えることで、慢性気管支炎に用いたり、咳を軽減させたり、白癬や発熱、皮膚病の治療に用いることができます。

糖尿病の管理(ガーリックはインスリン半減期を延ばし、循環を改善します)や癌の予防にも用いることができます(Murray,1995)

参照:ペットの自然療法辞典、著者 バーバラ・フォージェ オーストリア獣医師

 

結構万能なニンニク。

 

ニンニクを使うか駆虫薬を使うか、人それぞれ。

猫にニンニクはとても有効で、駆虫薬が猫に与える負担は少なくない。

駆虫薬発売14年間で32件の死亡例は少ないかもしれないけど、リスクは認識して投与したい。

f:id:siam-cobu:20200618094209j:image

ガーリックオイル期間のしゃむぞうからは、とても美味しそうな匂いがした。