猫と分子栄養学。

猫エイズ対策にできること。

自己紹介。

はじめまして。


2匹のりんご猫(猫エイズキャリア)と暮らしています。


野良猫と思い煮干しをあげたらうちのコになってしまった放浪猫の「しゃむぞう」(推定11歳   元飼い主さんには正式にお願いして譲り受けました。)


保護団体から譲り受けた「コブちゃん」(推定6歳)

f:id:siam-cobu:20200606083835j:image

シャムミックスのしゃむぞう。

キジ白のコブちゃん。


2匹とも猫エイズキャリアで、完全室内飼いです。


しゃむぞうは昨年から口内炎(大きな歯石もあり)などが悪化しているので、エイズ関連症候群期に入ってしまったかと思っています。

 

いまは無症状ですが、コブちゃんもいつエイズ関連症候群期に入るかわかりません。


なんとか猫エイズの進行を食い止めたい、「健康寿命」(自力でおいしく食べられるを目安にしています)をのばしてたいと、日々試行錯誤しています。


幼少期猫アレルギーだったこともあり、猫が大好きだけど「しゃむぞう」が初めて飼う猫です。

ぜんぜん予備知識がなく、爪すらまともに切れませんでした。


自分の経験で、健康管理には分子栄養学がとても有効だったので、猫にも当てはまるのではないかと思い分子栄養学の視点からサプリを取り入れたりしています。

西洋薬よりも身体に負担が少ないと思われる自然療法も参考にしています。

ヨガを学んでいたこともあり、東洋医学の考え方や捉え方が好きです。

 

「分子栄養学は、からだを分子レベルで考える栄養学のこと」

(三石巌先生より)

 

素人ですので難しいことはわかりませんが、わからないからこそ精一杯調べています。

栄養を見直し、身体に本来の強さを取り戻したら病院での治療も効果があがります。

大切な家族の「うれしい」「おいしい」「たのしい」を増やしたいから日々奮闘しています。